損失が無限大

金融送品は、予想があたれば大きな利益を得る事ができますが、予想が外れれば損失が発生します。これは当たり前のことなので、多くのものは損失が発生したときに貞節な対処を行わないと、損失は理論上無限大になります。これをヘッジするためのものがオプションです。オプションの買いでは損失は限定されているという特徴があります。ですから、損失に注目してリスクを比較する場合には、オプションの買いがもっとも低リスクです。
オプション取引では、買いだけではなくて売ることができますが、売るときにはやはり損失は無限大となりますからリスクヘッジには用いる事ができません。
投資した金額に対する損失の幅を考えてリスクを計算することは多いですが、先物取引、外為証拠金取引はレバレッジをかけて取り引きするのが普通ですから、投じた金額よりも大きな損失が発生することもあります。ですから、これらは基本的にリスクの高いものだと考えられます。
株式投資は、投じた資金しか損失が発生しませんから比較的低リスクです。これは現物取り引きの時ですから、信用取引の時には資金の何倍かの取り引きができますから、レバレッジ商品と同じだけのリスクがあると考えておかなければなりません。

コメントは受け付けていません。